2010年02月09日

ポジション・チェンジ

ポジション・チェンジは、NLPにおける「The map is NOT the territory」の概念に基づいたテクニックです。
これは、割とNLPに特定したテクニックというよりは、多くの人が指導する際に用いる考え方かもしれません。
主にコミュニケーションの向上に用いる技術です。

人間は、同じ状況に関しても、それぞれに見方や捉え方が違いますよね。
それはなぜかというと、ポジションが違うからです。
個性という言葉で簡単に表現できるものではなく、その人それぞれの環境や状況が、同じ物事でも違う見方にさせるというのが、このポジション・チェンジの基本概念です。

実際にNLPとして利用するテクニックとしては、そのまま名前どおりポジションをチェンジする、という試みが行われます。
そのためには、まず3つのポジションを確認する必要があるでしょう。
それは、自分の視点、相手の視点、第三者の視点です。

イメージの仕方はそれぞれですが、このNLPではポジション=椅子というイメージを作ります。
椅子を自分のものと相手のもの、2つ用意してください。
そして自分の椅子に座り、相手の椅子を見ます。
この場合の相手は、コミュニケーションを図りたい相手と考えてください。
そこで、相手の椅子に対して自分の伝えたい事を伝えます。

次に自分を椅子に座らせたまま、精神のみを第三者のポジションにおきます。
そして、そこから客観的に二つの椅子を眺めます。

その次には、相手のポジションに座ります。
座るというよりは、元々イメージしてある相手に入り込む感じですね。
そして、自分が先ほど自分のポジションで発言した内容を受け、それに対しての回答を行います。
この際、相手の情報を把握していれば、その真似を行う事が望ましいです。
仕草やクセでも構いません。
相手に入り込む事が重要です。

この後、また第三者のポジションにいき、双方の関係を客観的に見ます。

これらの行動は、簡単に言えば「相手の気持ちになって考える」という言葉のイメージを具体的にするという感じですね。



同じカテゴリー(NLPの概念・テクニック)の記事
 ビジュアル・スウィッシュという (2010-03-10 17:00)
 フォビアとは何か (2010-03-02 17:04)
 サブモダリティー・チェンジとは (2010-02-27 17:12)
 アイ・アクセシング・エクササイズ テクニック (2010-02-17 19:17)
 8フレームアウトカムとは (2010-02-13 14:18)
 ビジョンタイムライン (2010-02-02 12:00)

Posted by Gene at 15:35 │NLPの概念・テクニック