2010年01月24日

サークル・オブ・エクセレンス

NLPには数多くのテクニックがありますが、そのテクニックの中でも応用などの形で派生しているケースがあります。
『サークル・オブ・エクセレンス』はそのひとつで、アンカリングの応用テクニックとして利用されている技術ですね。

サークル・オブ・エクセレンスの利用目的は、自身の精神状態をポジティブな方向に持っていくことです。
主にあがり症などの改善に利用するNLPのテクニックです。

サークル・オブ・エクセレンスは、まずイメージトレーニングから入ります。
自分の理想の状態、自分がこうあるならば最高の状態でのコミュニケーションが可能だ、という状態をイメージするのです。
そして、次にサークル、すなわち輪をイメージします。
色や形は自由です
自分の感性に忠実にイメージしてみてください。

次に、再度自分の理想の状態をイメージして、先ほどイメージした輪の中に入ります。
輪に入るイメージを作ってください。

そして、そのサークルの中で見えるイメージや聞こえる音、感覚を自身の中に取り込みます。
その体験をある程度行い、輪から出て全てリセットします。
その後また輪に入り、先ほどの感覚に再び入り込めるかを確認します。

これを数度繰り返し、すぐにそのイメージを掴める様にします。
これが、サークル・オブ・エクセレンスです。

このNLPの技術は、一種の暗示ですね。
輪はひとつのきっかけで、頭の中でその輪をイメージすると、条件反射的に自分が理想の状態を思い浮かべ、実際にポジティブな事が出来るような精神状態を引き出す、という点で、アンカリングの応用といえます。



同じカテゴリー(NLPの概念・テクニック)の記事
 ビジュアル・スウィッシュという (2010-03-10 17:00)
 フォビアとは何か (2010-03-02 17:04)
 サブモダリティー・チェンジとは (2010-02-27 17:12)
 アイ・アクセシング・エクササイズ テクニック (2010-02-17 19:17)
 8フレームアウトカムとは (2010-02-13 14:18)
 ポジション・チェンジ (2010-02-09 15:35)

Posted by Gene at 17:05 │NLPの概念・テクニック