2009年11月25日

NLPの活用例

NLPには、様々な効果が期待できるというのは、ここ20~30年の間で行われてきた研究が如実に語っています。

しかし、一般の人達には、まだNLPというものが浸透しているとはいえません。

実際、NLPと言われても全くピンとこない、聞いた事がないという人がほとんどではないでしょうか。
その一方、NLPは確実に私達の生活に少しずつですが入り込んできています。
様々なアプローチが行われている中の一旦ですが、NLPの活用例をひとつ挙げてみましょう。


リラクゼーション、と言えばほとんどの人が何となく聞いた事があるかと思います。
もっとわかりやすく言えば、癒しです。

アロマテラピーなどに代表されるリラクゼーションという概念は、現代社会における精神的負担が個人の許容範囲を超えた事によって生まれたとされています。
肉体的披露の回復方法は相当前から研究されていたのに対し、精神面に関してはまだ生まれたてと言えます。

その中で誕生したのがリラクゼーションです。
このリラクゼーションには様々な方法、アプローチがありますよね。
癒し効果のあるグッズ、ペットとの戯れ、香水、スパなど、非常に多様化しています。

こういったものも、ある意味ではNLPの概念で生まれたものかもしれません。
NLPの研究の派生というわけではありませんが、人間の行動原理に基づいた精神的なアプローチという点ではかなり共通している事からもわかるとおり、リラクゼーションの根源にはNLPがあると考えて良いかと思います。

つまり、リラクゼーションもNLPの一種といえるでしょう。

そう考えると、かなり身近なものと思えるのではないでしょうか。


同じカテゴリー(NLPの活用)の記事
 ラポールで信頼関係を築く (2009-11-30 17:19)
 五感=代表システムの優位 (2009-11-28 17:13)
 五感と代表システム (2009-11-27 17:18)
 無意識領域の覚醒とはなにか (2009-11-26 17:03)
 アイ・アクセシング・キューとは (2009-11-26 17:03)

Posted by Gene at 16:36 │NLPの活用