2009年12月12日

地図は土地ではない

NLPの概念の中に、「The map is NOT the territory」という言葉があるそうです。
意味は「地図は土地ではない」となります。
これはどういった意味を持っている言葉なのでしょう。

もちろん、言葉通りの使われ方をされているわけではありません。
NLPの考え方を、比喩を用いて表現している言葉です。

言葉の中に出てくる『地図』というのは、個人のフィーリング、あるいは考え方といった個性そのものを指します。

なぜそれを地図に喩えているかというと、人は誰しも自分の中に独自の世界を構築しているからです。
自分ならではの規律、文化、あるいは交流といったものを、その中で作り上げていますよね。
難しく考える必要はありません。

頭の中そのものが世界であり、その世界を現すものとして、地図というものが使用されているのです。


その地図が土地ではない、という事はどういう意味なのでしょう。
土地は、ありのままの現実を表します。
物理的な存在と考えて良いでしょう。

つまり、自分自身の考えや在り方が、必ずしも現実の世界の全てとは限らない、という考え方です。

簡単な例を挙げると、自分が気に入った音楽が必ずしも全ての人に好かれているわけではなく、中には知らない人もいるという事です。

自分の中では玉座に座っている王様が、他の人の世界ではTシャツを着ていたり、物乞いをしていたり、存在していなかったりする事もあるということですね。


難しくはない、普通の考え方ですが、これをなかなか理解できない人が多いのもまた事実です。

NLPではそこを重視しています。
  


Posted by Gene at 17:04コミュニケーション

2009年12月09日

NLPでコミュニケーション向上のメカニズム

NLPでは、相手が自分の理想通りの反応を示さなかった事を、コミュニケーションの失敗とは捉えません。

フィードバックの一種であると考えます。

というのも、NLPではコミュニケーション=相手の反応を見る行為、という位置づけだからです。
つまり、コミュニケーションそのものに意義を見出すのではなく、こちらの意見や感想、あるいは疑問や感情を相手に伝え、それに対してどのような反応があるかを見るための方法のひとつ、という事なのです。


では、そういった考えが実際に正しいのか、そしてコミュニケーション能力の向上に繋がるのか、検証してみましょう。


ひとつ、スポーツの例を挙げます。


貴方が、高校サッカーのチームを率いる監督だとしましょう。
サッカーはチームプレーのスポーツなので、選手間の意志の疎通が重要です。
日本代表のチームでも問題視されていますが、コミュニケーションを積極的に選手たちが取らなくてはならないのです。

ですが、実際にはなかなか上手くいきません。

それは、自分の意見と他者の意見がぶつかり、関係が壊れる事を恐れるからです。
意見がぶつかるだけならまだしも、それを別の方向、すなわち感情にもつなげてしまう事で、悪い方に作用する事になります。


では、NLPの概念におけるコミュニケーションで、意思の疎通を図った場合はどうでしょう。
自分の意見に対しての相手の反応が否定的だった場合でも、自分の意見を押し付けるのではなく、自分の意見が他者からこのように映っているのだ、と認識する事で、より良い考えが浮かぶ事があります。
また、同時に相手の意見もしっかり聞く事ができます。
感情の押し付けでは決して入手できない貴重な情報が手に入るわけです。

このような試みは、欧米諸国のサッカーチームでは積極的に行われています。
実績は、今のサッカー界の勢力図を見れば一目瞭然でしょう。
明らかに、コミュニケーションの向上がチームの向上に繋がっています。
  


Posted by Gene at 16:55コミュニケーション

2009年12月03日

NLPとコミュニケーションの関係

NLPは90年以降、特に2000年代に入り、コミュニケーション分野への活用が目立つようになりました

元々はセラピーからの派生なので、それが正しい流れとも言えますが、単にそれだけではなく、2000年以降の世界全体のコミュニケーション不足、あるいは交流というものに対しての不安や疑問といった問題がかなり色濃くなった事が原因でしょう。


近年のコミュニケーション不足は日本でも深刻で、アパートに住む人の中には、隣に誰が住んでいるか把握していないという人も少なくありません。

インターネットが普及した事、若年層のコミュニケーションツールの主軸が対話からメールになった事も、大きな意味を持っています。

感情表現を文字と絵文字で表す一方、感情を隠しやすく、そしあざむきやすくなったと言えます。
その結果、話をする事が苦手という人が増えました。


そんな時代に、NLPの概念は非常に大きな効果を期待されています。
コミュニケーションは、そのやり取りがどういった印象を与え、そして受けたかという点が重視されますよね。

もし相手が自分の話に対して不満げだったり、怒ったり、腑に落ちない表情をしていたら、不安を覚えることになります。
それが嫌で、電話、そしてメールという風に、徐々に感情が見えにくいツールに移行していったという見方もできるくらいです。

こういったコミュニケーションの結果をもっと機能的に捉えよう、というのが、NLPにおけるコミュニケーションなのです。  


Posted by Gene at 16:55コミュニケーション